経験豊富なネイティブ講師によるTOEFL、IELTS、GRE、英検1級・準1級エッセイ、英検1級スピーチ、ビジネス・自由英文のライティング講座。

ネイティブ講師によるTOEFL・IELTS・英検1級などの英文ライティング専門通信講座 リバティ ライティング ラボ
お申込みフォーム
HOME
TOEFL-iBT
IELTS
AWA(GMAT/GRE)
英検1級スピーチ対策
英検1級エッセイ対策
英検準1級エッセイ対策
自由エッセイ
ビジネス英文
ワンコイン添削
長文エッセイ
講座/受講料一覧
受講の流れ
リンク

お問い合わせフォーム
〒197-0011 東京都福生市
福生2441-23-105
TEL&FAX 042-843-6042
欧米の大学・大学院に留学したい方必須の英語テスト。日本でも2006年10月からTOEFL-iBTが採用され、今までのエッセイライティング科目(Independent Essay)にIntegrated Essayが増えました。Integrated Essayでは、読む・聞く・書くの3つの要素が求められます。今までのTOEFLではライティングスコアは全体の18%でしたが、iBTでは25%となりますので、しっかりと準備することが必要です。本講座でもIndependent EssayとIntegrated Essayの両方を学びます。

Independent Essay

Independent Essay添削サンプル TOEFL-iBT受講料
■時間 実際のテストの制限時間30分ですので、この時間に近づけるよう、毎回必ずエッセイにかけた時間を明記ください。
■単語数 ベーシックコース (independent essayは300単語以内)
パワーアップコース (independent essayは350単語以内)
■トピック 本講座のHPに掲載している187のトピックから毎回ひとつのトピックをご自分で選び、エッセイを書いてください。 課題に対する自分の意見を述べます。
■添削ポイント 1.問題の趣旨に的確に答えているか?自分の立場を明瞭に表明しているか?2.構成はちゃんとしているか?無理の無い展開をしているか?接続語を使いス     ムーズに展開しているか?
3.議題を様々な角度から掘り下げているか?
4.具体的な例をだしているか?
5.文法や言葉の使い方は正しいか?
■メモ この5点はTOEFL採点者がチェックするポイントで、リバティでもこの点を重視して指導を致します。日本人は、自分の意見を述べることや英作文に慣れていないため、最初は皆さん、なかなか上手く書けないようです。抽象的だったり、一般的過ぎて具体性に欠けていたり、途中で話が他のことに移ってしまったり、どちらか自分の意見を選ぶことができず、どちらも可、のような意思の無いエッセイになってしまったり、と英語そのものよりも、エッセイの書き方・構成が分からない人が多いです。そのため、リバティでは、まず構成方法から指導します。

構成がしっかり頭に入ったら、次は、効果的なトピックセンテンスの書き方を学びます。トピックセンテンスとは、各ボディ段落の1行目にくる文章で、その段落で一番言いたいことを的確・簡潔に総括しているものです。このトピックセンテンスに繋がるものが、Detailed Sentenceとよばれる説明文になります。的確なトピックセンテンスは論理的なエッセイに欠かせません。本講座ではトピックセンテンスの書き方をしっかりと指導します。更に、ロジック、具体的な例の書き方、自然で魅力的な表現力、正しい文法、文章の分かりやすさ、なども学んで頂きます。何回かエッセイを書いて添削をしてもらううちに、それらが頭に入ってきて、ライティングが苦にならなくなります。ここまで頑張ることをまず第一目標にします。

実際留学すれば、小論文など本当に沢山書かされます。そういう意味でも、TOEFLのライティングの訓練が既に貴方の留学の始まりだと言えます。大学では300単語というような短いエッセイを書くことはありません。短くてもA4で8ページくらいの量を書くことになるのです。TOEFLエッセイはたった30分で書かなくてはいけません。30分でハイスコアのエッセイを書くには、テンプレートを使い、構成にはあまり頭を悩ませず、ボディ段落に集中することが必要です。

Integrated Essay

Integrated Essay添削サンプル TOEFL-iBT受講料
■時間 実際のテストの制限時間20分ですので、この時間に近づけるよう、毎回必ずエッセイにかけた時間を明記ください。
■単語数 250単語以内でお願いいたします。
■トピック 毎回こちらからトピックをお出しします。リスニングとリーディングを行い、そのサマリーを書きます。課題数に制限がありますので、12回以上のコースを受講される方はご注意ください。
■添削ポイント 1.レクチャーから重要な情報を聞き選び、次のリーディングでそれらに関連する    情報を読み取る。
2.それら両方の重要ポイントを洩らさず理路騒然とまとめているか?
3.構成はちゃんとしているか?接続語を使いスムーズに展開しているか?
4.文法や言葉の使い方は正しいか?
■メモ この3点もTOEFL採点者がチェックするポイントで、リバティでもこの点を重視して指導を致します。昨年10月から始まったエッセイですので、まだ受けたことのない方も多いと思います。このエッセイはサマリーを書くものですので、Independent Essayのように自分の意見を書くことはありません。殆どの場合、リーディング内容はレクチャーについての反論ですので、そこを踏まえてリーディングバッセージを素早く読むことが大切です。逆に言えば、レクチャーが聞き取れなくても、リーディングバッセージを読むことで、「あ、レクチャーではこの反対を言っていたのか」と推論することもできます。また、レクチャーを聞いている間に、次のリーディングがどのように反論するか推測することもできます。実際、推測するくらいで書かないと20分では書ききれないかもしれません。英文を読むのに3分、聞くのに3分、英文を書き、その見直しに17分、合計20分で仕上げなくてはいけないからです。リバティでは、どのポイントが大事か、どのようにサマリーを構成するか丁寧に指導します。とは何か、ハイスコアが取るにはどこを注意したらよいかがれるかが、しっかり身につきます。

*本講座ではレクチャーの部分はmedia playerによる音源でお届けしています。
お申込みフォーム
| HOME | 私たちの英語の実態 | 本講座の5大満足 | 講座/受講料一覧 | 受講の流れ | 講師のプロフィール | 受講生の声よくある質問 | TOEFLトピックス |
| ビジネス英語のヒント | ネイティブはこう書く! | 本講座の主催者 | 個人情報保護法お申込みフォーム | お問い合わせフォーム | 無料添削実施中! |
Copyright (C) Liberty Writing Lab All Rights Reserved.
google