経験豊富なネイティブ講師によるTOEFL、IELTS、GRE、英検1級・準1級エッセイ、英検1級スピーチ、ビジネス・自由英文のライティング講座。

お申込みフォーム
HOME
私たちの英語の実態
本講座の5大満足
講座/受講料一覧
受講の流れ
講師のプロフィール
受講生の声
よくある質問
TOEFLトピックス
ビジネス英語のヒント
ネイティブはこう書く!
本講座の主催者
個人情報保護法
リンク
お問い合わせフォーム
〒197-0011 東京都福生市武蔵野台
2-8-5-205
TEL&FAX 042-843-6042

書く英語の必要性

現在、英文を書くことがますます求められています。会社では毎日外国とのEメールのやり取りがあり、留学のための英語試験だけでなく、単に英語能力を図るための英検なども英作文の問題を増やしてきました。今後更に書ける英語が必要です。日本人は読み書きは得意なんて全くの迷信。英語を書くという事は、英語圏の人が理解できるように書くという事。つまり、日本語的に曖昧に書いたのでは意味が全く通じないのです。リバティでは、文化的な理由から生じる表現の違いを正し、楽しく
パーソナルな英文添削を通じて、貴方の英語を、自然で通じる英語に変えてゆきます。単語の暗記は1人でもできますが、書く訓練は、残念ながら、独学ではあまり身に付かないのが現状です。それが正しいのかそうでないのか、自分では判断できないからです。自分の書いた英文をネイティブの方に添削指導してもらってはじめて、貴方の真の力(良い点も弱い点も)が分かるのです。ネイティブならこう書くのか!と、いままでのモヤモヤが吹っ飛んでしまう、そんな添削の素晴らしさを、是非リバティで実感してみてください!リバティの先生は貴方のペンパルであり家庭教師。書くコミュニケーションの楽しさを、体験してみませんか?

日本人は自分の意見がないから話していて面白くない!!

欧米の方などは特にいろんな事を私たちに聞いてきます。彼らは本当に好奇心旺盛で、多くの日本人は、その返答に正直たじたじ、冷や汗ものです。考えてみると日本の教育は、暗記さえ出来れば点数が取れるようなシステムで、自分の意見を言うなんて無かったから、面食らいますね。英語だって同じ。単語の丸暗記、文法の丸暗記、教科書の丸暗記、etc.だから何か聞かれても、「な・・・何??そんな事知るか〜!」って黙り込んでしまうわけです。だからパーティではいつも寝た振りしたり・・・・・。英語が出来ないから話せないわけではないのですね。

こんな日本で育った私たちが欧米に留学すると、他の外国人留学生を見て「こいつら、本当によく喋るなぁ」「でもよく喋っている割には大したこと言ってないじゃん?」なんて大部分の日本人が思うようです。例えば、マレーシアとかシンガポールとかスイス、クエートとか、色んな国の人たちが英語の勉強に来ていますが、ほんとうに良く喋る!文法なんてゼンゼン関係なし!でも彼らは私たち日本人よりずーっと上手に欧米人とコミュニケーションしてましたね。で、日本人はというと、悔しいからますます自分の部屋に引きこもってひたすら自習、あとは観光して終わり!らしい・・。

それでも何とか頑張って話しても、「テレビで言ってたんだけど・・・・」なんて言うもんだから、ますます面白くない。個人の意見を尊重する欧米人にとって、誰々が言っていた、というのは何の価値もないんです。彼らは貴方のオリジナルの意見が聞きたいわけです。面白いエピソードがあります。以前英会話学校に行っていた時のこと。先生が日本とアメリカの違いを言ってください、自分の考えでいってくださいといいました。ある日本人が、「日本は国土が狭い。アメリカは日本の国土の25倍ある、これが違う」と言いました。すると先生は、「統計ではなく、自分の考えで言ってみて」と。生徒はもうその後だんまり。先生はしばらく辛抱して待っていましたが、その生徒は結局何も言えなかったのです。仕方なく先生が助け舟を出しました。「私ならこう言うわね。日本は北から南まで飛行機で2時間しかかからないけど、アメリカは6時間かかる。だからアメリカは日本より広い」と。皆さんはどちらが面白いと思いますか?

日本人の英語はAwkwardだ!!

日本人の英語はAwkwardだ!!!ですが、こんな事言われるなんて本当に悲しいですよね。だって、私たち、こんなに長〜い間英語を勉強してきたのに、「なんか変な英語ね」って思われるらしいのです・・・・。Awkwardというのは、不器用な、とか不自然なという意味です。では実際、私たちの英語のどこがおかしいのでしょう?

まず、単語の使い方、特に動詞の使い方が変らしいのです。例えば、「ここに車をとめよう」と言う時、Stop the car では不自然な英語となります。ネイティブならPull over という表現を使います。でも私たち日本人は、止めるイコールstopしか頭にないからstopと言ってしまいます。これでは、「車を止めろ!」になってしまい、運転手は何が起こったのかとびっくりしてしまうでしょう。これではコミュニケーションは失敗です。英語はコミュニケーションのツールです。自分の思いを的確に伝えることが必要なのです。

次に、私達日本人はどうもロジカルに話したり書いたりが苦手なようで、このせいで不自然な英語になってしまうという事です。例えば、話したり書いたりするうちに主語が変わってしまい、何を話しているのか分からなくなってしまうというものです。英語という言語は、基本的にシンプルで、主語がありますから余程難解な話をしない限り何について話しているか分かりますが、日本語は違います。そのあいまいな日本語をそのまま、しかもそのままの順序で英語に直訳するので、「何の話をしているのか分からない!!」となってしまうのです。これはTOEFL、IELTS、AWAなどのライティングには致命傷です。

最後に、表現力の無さです。学生時代は色々な単語を丸暗記して覚えたけれど今では全く覚えていない。例えば、良いことは何でもオッケーで済ませてしまいがち。。。これでは、子供が話しているようで、やはり不自然ですよね?貴方の英語をもう少しカラフルに生き生きとさせるには、もう少しの表現力が必要です。

まとめ

私たちは今まで与えられたことをオウム返しのように繰り返していただけで、そこには自発的な意見を述べるという、最も大事な訓練が欠如していました。中学、高校、大学、はては高い語学学校、語学留学と、与えられたことだけを一生懸命に暗記していたから、生きた英語も、オリジナリティー溢れる表現力も身に付かなかったのです。いつも受身だったのです。あなたも外国の方とお話した時に、「君、どう思う?」ってよく聞かれたことありませんか?そのとき貴方はパニックに襲われませんでしたか?日本人は自分の意見を言う機会があまりないですから、母国語の日本語でさえ答えられないことが多いのではないでしょうか?

話すことがあれば、自分の持っている英単語を駆使して、何とか相手に自分の思いを伝えようとします。なんとか通じたときは本当に「ヤッター!」って感じでとても嬉しいですよね。でも話すことがなければ、最初からアウト!!だからでしょうか、皆さん、留学から帰ってくると、英語の勉強よりも日本の文化や歴史を勉強したりするようです(笑)。

英文を書く(英語を話す)というのは、オリジナリティを持って、積極的に自分から発信する事です。そして、リバティはそのお手伝いをする講座なのです。
| HOME | 私たちの英語の実態 | 本講座の5大満足 | 講座/受講料一覧 | 受講の流れ | 講師のプロフィール | 受講生の声よくある質問 | TOEFLトピックス |
| ビジネス英語のヒント | ネイティブはこう書く! | 本講座の主催者 | 個人情報保護法お申込みフォーム | お問い合わせフォーム | 無料添削実施中! |
Copyright (C) Liberty Writing Lab All Rights Reserved.
google